さまよいの記

写真とカメラのエトセトラ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松本散策4  

matsu04.jpg
Photo by DETARO

最近無性にコンパクトデジカメが欲しくなってきたDETAROです。
IXY30Sが不人気で中古が悲しいくらいに値段を下げており、個人的には欲しくてたまらなくなりつつあるのですが、
新しいIXYの600Fも気になってます。
なんといっても新しい画像エンジン「DIGIC5」は少なからず興味があります。
DIGICが3から4になったときに、4で画像の傾向が変わった(感じがする)。
それは個人的にすごい出来事で、4の画質は非常に好みだったのです。
なので、5の進化っぷりはかなり気になります。
なんだかんだいっても、キヤノンの安定感には一日の長があるかもしれません。

ただ、オリンパスのXZ-1だけは別格で欲しい。
あの写真を見た時からもうトリコ。
雑誌での1枚は説得力抜群で、『ああオリンパスのカメラもここまできたのか』と思わずにいれませんでした。
まあ、マイクロフォーサーズでその画質は好みであったんですが(オリンパスじゃなくてパナソニックですけど)、
高感度の描写だけは頂けなかったので、その1枚で充分な進化が見られたのですよ。
いやあ、正直どれでも1つコンパクトデジカメをやる選べといわれたら、間違いなく選ぶカメラです。


横道それまくりでしたが、写真は↓の櫓からやや離れた場所の裏路地にて。
清楚な女学生(←かなり古い言い方だなあ)が通り抜けるのを待ってパシャリ。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shamondetaro.blog69.fc2.com/tb.php/210-aa703e28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。